心理的な強み

不意に加害者側の保険会社の担当者が交渉に訪れ、示談の話をされてしまうこともあり、交通事故被害に遭った人たちは、パニック状態にも陥り、面倒くさい作業は出来る限りしたくはないということから、ついついいいなりになってしまうかもしれません。

保険会社という存在は、信用のおける存在という思いこみも大きな間違いです。示談金が相場よりも微々たる金額は往々にしてあり、あとあと、示談金が相場よりも少ないことに気付いたり、後遺障害が出てしまったりしても、一度示談が確定してしまったら、示談の内容を覆すのは、なかなか出来ないことです。

保険会社や司法関係で働いた経験でもない限り、ほとんど自分自身でこのような問題と向きあうのは不可能と考えていいでしょう。インターネットで、交通事故被害のに遭った人たちが、情報を見つけたりするのかもしれませんが、それなりの知識を得たと思っても、所詮は「付け焼刃」でしょう……。

交通事故の示談金を適正な額でもらいたい、法的な手続きがスムーズに行いたいというのならやっぱり方法は弁護士に依頼をすることです。そして、交通事故被害に遭った人たちは弁護士に依頼をすることで、大きな支援をしてくれるパートナーを得たという心理的な強みを得ることが出来るでしょう。

{ Comments are closed }

いいなりになるリスク

交通事故の示談交渉弁護士に依頼するタイミングはすぐにです。警察による事故現場の実況見分がやがて行われることになりますが、交通事故の被害者にとって不利な記録のみが残るといった状況を回避するためにも、既にそこに弁護士がいてくれることで大いに強みにすることが出来ます。しかし、交通事故被害に遭った人たちは、すぐに信頼できる弁護士を呼ぶということ自体難しいテクニックが必要と思っているのではないでしょうか。弁護士にもいろいろあって、信用できない弁護士も中にはいるかもしれません。もちろん、そのような弁護士に依頼をするべきではありません。

そして、交通事故被害に遭った人たちは、弁護士依頼というよりもケガの手当を最優先にしなければならない時もあるでしょう。家族や勤務先への連絡が優先で、弁護士依頼が後回しということも当たり前に起こる現場の状況です。

知り合いに信頼できる弁護士がいてくれればいいですが、なかなかそのような人たちも多いとは言えないのではないでしょうか。しかし、交通事故被害に遭った人たちは、それでも示談交渉という大舞台と向きあう必要があり、自分自身でしっかりと向きあうゆとりがないのなら、やっぱりそこに弁護士が既にいて欲しいものです。

示談交渉においては、損害賠償金額が多額になるほど、弁護士に依頼した時と、そうでない時の金額の差は大きくなる傾向があります。弁護士を依頼するタイミングを見失った人たちは、やっぱり保険会社の交渉にただいいなりになるケースがほとんどのようです。

 

 

{ Comments are closed }